スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



FC2 Blog Ranking

タイムカプセル

ドサ回りワーキングプア。
ここまでしなきゃ食っていけない現実。

生きてる心地がちょっとだけしかしねーよ。

今日は熱があるので仕事早上がり。久しぶりに電車で日記を書こうと思う。さて、何を書こうか、みたいな。

この間、再結成した JUN SKY WALKER(S)のアルバム LOST&FOUND を紹介した。俺のブログのAmazonリンクから、みんな買ってくれたことと思う(失笑)。その中に、タイムカプセルという曲があるんだが、その話について書いてみたい。

プリンセスプリンセスの「M」という歌がある。これは(確か)富田京子が、森純太に宛てて書いた曲で、その返答がジュンスカの「言葉につまる」という歌だという話(噂)があった。本当のところはどうなのか知らないが、そう思って聴けば、そう聴こえる。

で、タイムカプセルの歌詞(抜粋)。

--------------------------------------------------

「ずっとずっと、君を想っている どんなに時が過ぎたって ずっとずっと、君を愛している こんなに離れてしまっても 君を」

君の人生を奪えなかったのは 僕に勇気が無かったからかな?

「ずっとずっと、一緒にいたかった すべてを捨ててもよかった きっときっと、また逢える時が来る それだけ信じて来たんだ」

「本当に、 本当に君と生きたかった 世界に背を向けてまでも ずっとずっと、見つめていたかった すべてを失ってもよかった 君と、君と」

--------------------------------------------------

おい、、、これは意図的に狙っているのか、それとも正気なのか。作詞、作曲が J(S)Wかなんかになってて、誰が書いたかわからんが、あまりの女々しさというか、未練がましさに思驚いた。また、宮田和弥のボーカルがイヤラシイんだ。

得てして男というものは、、、というか、まあ自分も未練がましく、こと恋愛に関しては過去を振り返ったり、振り返らなかったりするわけだが、こういう曲はニーズがあるんだろうか。少なくとも、俺には「ゲッ」だけどなあ。

再結成したジュンスカは、プロデューサ業で成功した寺岡呼人の色が出ているんだろうけど、彼(ら)が、ターゲットにしている三十後半から四十の世代にはこういうのが受けると思ったんだろうか。それとも実際に受けるんだろうか。

ま、8ビートの所謂縦ノリに、フォークっぽい歌詞や、ユーミンのようなややウェットな歌詞を乗せたバンドが80年代後半から90年代はじめに流行った。それを聴いて育った世代が、次に聴くのは演歌なんかではないはずなんだが、そこにハマる中年向けロックは確かに空き家状態だからなあ。さすがに、いきものががりとかに同世代のみんなが励まされているとは思わないし。

しかし、この曲がもし、Mへの回答その2だとしたら、女性のほうはどう受けとるだろう。ま、ひとそれぞれだけど、なんだかなあ。昼ドラのテーマソングかなんかで使ったらどうだろ。専業主婦に受けるとか、、、ねえよな。ある意味、危ない歌。

以上(笑)


FC2 Blog Ranking

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デッドロック人生

Author:デッドロック人生

SINCE 2004.3.14

俺だよ!!

人生に疲れています。
死期が近いのかもしれません。

ご連絡はこちらからどうぞ

青二才の競馬分析

遅れてきた青二才の競馬分析 - 指数表
指数表はこちら

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。